2017年6月に読んだ本

2017-07-02 13:17
2017-07-02 13:17

Guten tag!

更新が読んだ本のまとめばかりになってきている。6月に読んだ本のまとめ。

ビジネス書

SPRINTの効用と進め方の事例を紹介した本。基礎は学べると思いますが、いまうちの会社でもスプリントで進めていますが最適解はこれをベースに自分たちで実践していくしか無いかなと。読んでおいても損はない本だと思います。


面白かった!スタートアップ界隈でビジネスを行っている方にはおすすめ。AirBnBがどうこうというよりも、あまり他で語られることのない「一定ビジネスが立ち上がった後の諸々」について光と闇の両方から生々しく書かれています。立ち上げ部分に関して書かれた本はたくさん出てきましたが、このその後のステージ、ステージBやCくらいの企業の葛藤について書かれた本は珍しいのではないでしょうか。私個人的にはそこまでAirBnBは好きというわけではないのですが、非常に面白かったです。


海外の本にありがちな、「いや、何回同じこと言うねん。もうええって」的な箇所が多くて実際おそらく3分の1の分量で済んだだろうな感はすごいあったのですが、内容的には総じて面白かったです。ユーザーに「刺さる」、ユーザーの「習慣」となり得るサービスはどういう要素を満たしているのかなど、サービスの作り手としても、マーケターやデザイナーとしても参考になる箇所が多いのではないかと思います。


正直めちゃめちゃ良かった。私のようなスタートアップ界隈にいる人間からすると、大企業のめんどくさいような部分には関わりたくないと思ってしまうのですが、そうした部分が当時の状況含め生々しく書かれていて、「うわー、日本っぽい。。。めんどくさ。。」と思うシーンが多かったです笑 ニッポン放送、フジテレビの事件は本当に日本人として恥ずかしいくらい気持ち悪い事件だったなと思っているのですが、さらにその気持ちが強くなりましたね。誰が悪いというか、やはりお金に対する教育を国としてもっとしないとああいう大衆扇動が平気で起こってしまうんだなと思います。


7月は小説と技術書も読みたいなーと考え中。

Tschüs!

このエントリーをはてなブックマークに追加